友達にラーメン暖簾へ誘われた

以前、スマフォに身近から着信があったのだ。

「前月にオープンした、強烈豚骨のラーメンや劇うまなので食べにいかない?」

というお誘いの呼出しでした。俺は自称ラーメン通と言っている結果、俺の知らないラーメンがあるというのは気分的にもひどいので、心がけることにしたのだ。

お店に到着すると、ちっちゃなお店なのに5~6自身ほどの行列ができていました。直ちに食べることができるように正午間を外して行ったのに、でも行列ができていると言うことは、いやに美味しいお店です事がわかります。

そうして店内に入ってみると、予想外に強烈豚骨ラーメンに加えて、にんにくラーメン、ネギラーメンなどいくつかのプログラムしかありませんでした。餃子といったチャーハンくらいで、他のラーメンところにおけるようなチキン天ぷらであったり、八宝菜が等は置いていないお店だったのだ。

このような品ぞろえが少ないお店でありながら人気になると言うことは、特長としているラーメンが劇うまであると言うことだ。ますます目論見が高まったのところが、実に強烈豚骨ラーメンが眼の前にくると、以外にも普段のフィーリングだ。

「それ..ホントにうまいの?」

と言ってから食べ始めたのところが、その問い合わせは奇麗まるまる無くなりました。ガラガラなスープはとてもコッテリフレーバーでありあま味もしっかりしています。スープだけでもイケるフレーバーなのところが、シコシコ麺がしっかりとフィットしています。

豚骨ラーメンは食い切ると、こってりテーストなフレーバーになるのだが、このラーメンはなんだか徹頭徹尾で喜ばしいテーストだけが残るのだ。ミューノアージュを一度お試しください。