知り合いにラーメン店先へ誘われた

先日、タブレットに近辺から着信があったのだ。

「前月にオープンした、強烈豚骨のラーメンや劇うまなので食べにいかない?」

というお誘いの電話でした。ボクは自称ラーメン通と言っている結果、ボクの知らないラーメンがあるというのは気分的にも悪いので、心がけることにしたのだ。

お店に到着するって、ちっちゃなお店なのに5~6人間ほどの行列ができていました。すぐに食べることができるように真昼場面を外して行ったのに、でも行列ができていると言うことは、やけに喜ばしいお店です事がわかります。

そうして店内に入ってみると、予想外に強烈豚骨ラーメンに加えて、にんにくラーメン、ネギラーメンなどいくつかの構成しかありませんでした。餃子ってチャーハンくらいで、他のラーメン職場におけるようなチキンフライであったり、八財宝菜が等は置いていないお店だったのだ。

このような品ぞろえが少ないお店でありながら人気になると言うことは、強みとしているラーメンが劇うまであると言うことだ。別途切望が高まったのだが、真に強烈豚骨ラーメンが眼の前にくると、以外にも平凡の形だ。

「ここ..ホントに美味いの?」

と言ってから食べ始めたのだが、そのお尋ねは秀麗からっきし無くなりました。ガラガラなスープはとてもコッテリ味覚であり甘味もしっかりしています。スープだけでもイケる味覚なのだが、シコシコ麺がしっかりとフィットしています。

豚骨ラーメンは食い切るという、こってりだし汁な味覚になるのところが、このラーメンはなんだか何らで美味いだし汁だけが残るのだ。オーディション情報