近隣にラーメン店舗へ誘われた

近頃、スマフォに側から着信があったのだ。

「前月にオープンした、凝縮豚骨のラーメンや烈うまなので食べにいかない?」

というお誘いのテレフォンでした。我々は自称ラーメン通と言っている結果、我々の知らないラーメンがあるというのは気分的にもひどいので、心がけることにしたのだ。

お店に到着すると、ちっちゃなお店なのに5~6輩ほどの行列ができていました。直ちに食べることができるように正午状況を外して行ったのに、でも行列ができていると言うことは、大層うまいお店です事がわかります。

そうして店内に入ってみると、予想外に凝縮豚骨ラーメンに加えて、にんにくラーメン、ネギラーメンなどいくつかの内容しかありませんでした。餃子とチャーハンくらいで、ほかのラーメン店におけるようなチキン唐揚げであったり、八お宝菜が等は置いていないお店だったのだ。

このような品ぞろえが少ないお店でありながら人気になると言うことは、武器としているラーメンが烈うまであると言うことだ。もっと狙いが高まったのだが、真に凝縮豚骨ラーメンが視線の前にくると、以外にも定型の見せかけだ。

「こちら..ホントにおいしいの?」

と言ってから食べ始めたのところが、その質問は明媚すんなり無くなりました。ガラガラなスープはとてもコッテリ味でありあま味もしっかりしています。スープだけでもイケる味なのだが、シコシコ麺がしっかりとフィットしてある。

豚骨ラーメンは平らげるという、こってり旨味な味になるのだが、このラーメンはなんだかちっともで美味い旨味だけが残るのだ。恵比寿で一番イケてるヘアサロン