仲良しにラーメンランチタイムへ誘われた

最近、携帯に馴染みから着信があったのだ。

「前月にオープンした、濃密豚骨のラーメンや烈うまなので食べにいかない?」

というお誘いの電話でした。ボクは自称ラーメン通と言っている結果、ボクの知らないラーメンがあるというのは気分的にもひどいので、心がけることにしたのだ。

お店に到着すると、ちっちゃなお店なのに5~6個人ほどの行列ができていました。アッという間に食べることができるように真昼時代を外して行ったのに、でも行列ができていると言うことは、かなり旨いお店です事がわかります。

そうして店内に入ってみると、予想外に濃密豚骨ラーメンに加えて、にんにくラーメン、ネギラーメンなどいくつかの構成しかありませんでした。餃子とチャーハンくらいで、別のラーメン業者におけるようなチキン揚げ物であったり、八宝物菜が等は置いていないお店だったのだ。

このような品ぞろえが少ないお店でありながら人気になると言うことは、特長としているラーメンが烈うまであると言うことだ。グングン願望が高まったのだが、まさに濃密豚骨ラーメンがまぶたの前にくると、以外にも人並みのフィーリングだ。

「こいつ..ホントに美味しいの?」

と言ってから食べ始めたのだが、そのお尋ねは綺麗なんにも無くなりました。白紙なスープはとてもコッテリ味覚であり甘味もしっかりしています。スープだけでもイケる味覚なのところが、シコシコ麺がしっかりとフィットしている。

豚骨ラーメンは食い切るといった、こってり味な味覚になるのだが、このラーメンはなんだか全然で美味しい味だけが残るのだ。セミヂカ